2020年2月号 鍋スープ
今冬は記録的な暖冬です。それでも日没になると寒さを感じます。鍋料理を食べて温まりましょう。今回は筆者が今冬に食べたい鍋スープをご紹介します。

ダイショー「コイケヤ監修 カラムーチョ鍋スープ ホットチリ味」
あの辛味ポテトスナック「カラムーチョ ホットチリ味」の鍋スープです。以前からあったそうですが、今回辛さをより強くしてリニューアルされました。チキン、ガーリック、オニオンと野菜のうまみとコクにほどよくチリ(唐辛子)が効いていて、具材には豚うす切り肉、白菜、長ネギ、ニラ、シメジなどが合います。やはりカラムーチョなので細切りジャガイモを入れたいですね。一般的なキムチ鍋より辛さがマイルドで食べやすいです。

万城食品「いぶき鍋つゆ(濃縮タイプ)」
香川県の伊吹島(いぶきじま)で作られた「伊吹いりこ」を使った鍋つゆです。伊吹いりこの上質なだしの旨味、コク、風味が楽しめます。海老、ホタテ、タラなど海鮮がすごく合います。いりこだしは讃岐うどんに欠かせないので、シメにはうどんがぴったりです。

カルディコーヒーファーム「スータイ タイ風ハーブ鍋セット(チムチュム)」
レモングラス・こぶみかんの葉・スイートバジルなどを使ったタイ東北地方の郷土料理「チムチュム」の鍋スープです。鍋に湯を沸かし付属のハーブと鍋の素を入れて煮出し、春雨(付属)、卵液を絡ませた豚バラ肉、キャベツ、ニンジン、もやしなどお好みの野菜を入れて煮込むだけでタイ風ハーブ鍋を楽しめます。